アイテムカテゴリー

SNS
ランキング

グリーティングカードの書き方・メッセージ集(日本語)

グリーティングカードはもっとも嬉しい誕生日プレゼント


英文のメッセージ集をお探しの方はこちら

1年に1回、誰にでも必ずある記念日は「誕生日」。
家族や恋人、友達の誕生日にはプレゼントを用意してサプライズな演出をする方もたくさんいらっしゃいますよね。
でも、もしとなりの席に座っている同僚や偶然ランチした後輩が今日、誕生日だったら?
そんなときに気軽で、手に入りやすく、心に残るプレゼントとしておすすめなのがグリーティングカードです。

でもどんな相手へ何を書いたらいいかわからない・・・
そんなあなたへホールマークからさまざまなシチュエーションに応じたカードの書き方のヒントをご紹介します。

20才、30才、40才・・・キリのいい、「節目の誕生日」に贈るカード

  • 20才、30才、40才など・・・節目の誕生日を、本人は「特別な誕生日」だと感じていないことがあります。
    だからこそ、お祝いの気持ちを込めてどれほどこころに残る誕生日なのか知らせてあげましょう!
    カードに年齢を書いてプレゼントするだけでも「今年は特別な誕生日!」とお祝いすることができますよ。

ついうっかり!誕生日を過ぎてしまってから贈るカード

  • 大切なお友達や家族の誕生日でも、人間ですからついうっかり忘れてしまうことがありますよね。
    それでもお詫びやちょっとしたユーモアを添えて、楽しい誕生日気分を長く味わってもらうためにも、あなたらしいメッセージを添えてカードを贈りましょう。
    遅れて届いたサプライズも、受け取る方にとってはとても嬉しいものです。

友達の誕生日に贈るカード

  • 普段は気恥ずかしくて伝えられない「友達でいてくれてありがとう」という気持ちを伝えたい時にもバースデーカードはぴったり。
    カードの種類にこだわらないで、友達が好きそうなカードを誕生日カードとして贈れば必ず喜んでくれるはずです。
    ちゃんとしたプレゼントはお返しのプレッシャーも・・・そんな時にもさりげなく贈れるカードはおススメです。

仕事関係の相手へ贈るカード

  • 仕事関係の相手へ贈るカードは、相手との関係によって内容を変えましょう。
    とても親しい同僚の場合は、カジュアルなメッセージでも大丈夫。
    上司や仕事上だけの関係の場合は、少しフォーマルなメッセージにするのがおすすめです!
    ちょっとしたカードの心遣いは押しつけがましくなく、オフィスのコミュニケーションを円滑にできますよ。

大切な人、特別な人へ贈るカード

  • 恋人や結婚相手にカードを贈ることは、二人の絆を強めるとても良い機会になります。
    場合によっては少しふざけた表現も楽しいですね。
    普段あまり言葉にできない一言だけ、シンプルなメッセージでも、まるでラブレターをもらったかのように嬉しいはずです。

子どもへ贈るカード

  • お誕生日、子どもはいろいろな贈り物に楽しくなって、じっと座ってメッセージを最後まで読むことができないこともあります。
    カードのメッセージは短く優しく、楽しいもので。
    あなたからのカードが、大切なお誕生日の思い出のひとつになること、間違いありません。

家族へ贈るカード

  • 家族に毎年カードを贈る場合、年によっていろいろなメッセージを書き分けても楽しいものです。
    こんな機会だからこそ、相手に対する愛情や、相手のことを誇りに思う気持ち、家族で良かったと思う気持ちを込めて表現したいですね。

つらい状況にある相手へ贈るカード

  • 病気や失業など、人生においてはつらい時期に誕生日を迎えることもあります。
    カードはつらい状況にある相手に、あなたがどんなに想っているかを知らせ、そんな状況にあっても誕生日を祝いたいと考えていることを伝えることができます。