アイテムカテゴリー
法人・学校・企業・
医療機関のお客様

まとめ買い・大口注文はこちら

ランキング

キープセークオーナメントでクリスマスツリーを飾ろう!

キープセークオーナメントとは?

1973年以来 本国アメリカのホールマークで毎年デザインされている、クリスマスツリーを飾るオーナメントのシリーズです。

光や音、動き、手触りなど、グリーティング商品のメーカーとしてホールマークが100年を超える歴史の中で培ってきた技術が、職人たちの手でひとつひとつ、ふんだんに施されています。

その年その年の記念にしたり、毎年同じシリーズを集めたり。ツリーを彩るだけでなく、フィギュアやチャームとして飾る楽しみも。時を重ねるほど、想い出として残ることでしょう。

クリスマスを日本のご家庭でも。「ミニチュアツリー」をおうちに飾ってみませんか

  • 大きな外国のおうちなら思いっきりクリスマスツリーが飾れるけれど…という方におすすめなのが「ミニチュアツリー」。

    「テーブルツリー」とも呼ばれている、高さ50cm程度のコンパクトなツリーです。ミニチュアツリー用のオーナメントも魅力的なラインナップが揃っています。

    ミニチュアオーナメントの一覧はこちら

  • ミニチュアツリー イメージ

個性豊かなキープセーク・アーティストたち

ホールマークには多くのキープセーク・アーティストが在籍し、それぞれの個性が光る作品を生み出しています。 アーティストの想いや作品に共感し、毎年新作を楽しみにされている方も。ぜひあなたも、お気に入りのアーティストをみつけてください。

  • アニタ・マラ・
    ロジャース

    ホールマーク アーティスト
    Anita Marra Rogers
    自然界の全ては立体的。オーナメントでの再現も、立体的に考える必要があります。

  • イーディス・ケグライズ

    ホールマーク・マスター・
    デザイナー(引退)
    Edythe Kegrize
    美しさとエレガンスこそ私が仕事で目指しているところですが、遊び心あふれるお茶目なスタイルに手を出すのも好きですね。
  • エマ・レトゥルゲスミス

    アーティスト

    Emma Leturgez-Smith
    私は物事のディテールがすごく好きなんです。オーナメントを確固たるものにするのは、まさにディテールです。
  • オリヴィエ・ウィルソン

    ホールマーク・キープセーク・
    アーティスト
    Orville Wilson
    私が手がけたオーナメントの多くは、祖父母とその農場での想い出と、そこで過ごした時間のおかげで特別なものになっています。
  • クリスティーナ・
    ゴーラン

    マスター・キープセーク・
    デザイナー
    Kristina Gaughran
    いちばん嬉しいのは、私の作ったオーナメントが人々の想い出になっていると感じられることですね。
  • グレゴール・
    ベネデッティ

    デザイナー

    Gregor Benedetti
    良いアートを作るうえでの私の哲学は、まずストーリーの良い伝え方を学ぶことです。
  • ケン・クロウ

    マスター・キープセーク・
    アーティスト(引退)
    Ken Crow
    この40年間は魔法のような冒険でした。私の作品で誰かを笑顔にすることができれば、とても幸せです。
  • ジェイク・アンゲル

    キープセーク・シニア・
    デザイナー
    Jake Angell
    私は空想が大好きです―アイデアの多くを引き出し、頭の中で考え事をする場所ですね。

  • シャロン・ヴィスカー

    シニア・アーティスト

    Sharon Visker
    オーナメントの構想段階が一番好きです。全ての作品が、まず良いアイデアから始まる必要があるのです。

  • ジョアンヌ・ライト

    マスター・キープセーク・
    デザイナー
    Joanne Wright
    私の作った作品を娘たちが学校で何度かお披露目してくれました。お店に並ぶキープセークの箱の裏に、私の名前を見つけるのも楽しいようです。
  • タミー・ハディックス

    マスター・キープセーク・
    デザイナー
    Tammy Haddix
    皆さんがクリスマスをご家族や私の作ったオーナメントでお祝いしてくださっているのを知り、感動するとともに大変嬉しいです。
  • デブラ・ニールセン

    ホールマーク
    シニア・アーティスト
    Debra Nielsen
    幼い頃に触れたおもちゃや、子どもの頃の記憶、家族愛、一緒に過ごした日々にインスパイアされたオーナメントを作っています。
  • テリー・スタイガー

    ホールマーク
    シニア・アーティスト
    Terri Steiger
    自分の仕事にはわくわくしています。想いを形にして皆さんが触れられる関係性を表現していきます。
  • トム・ベスト

    シニア・キープセーク・
    デザイナー
    Tom Best
    アイデアや絵が、紙やコンピューターの画面から皆さんの手に渡るのを見届けるのはスリルがありますよ。
  • トレイシー・ラーセン

    ホールマーク
    キープセーク・アーティスト
    Tracy Larsen
    何かのアイデアを紙にスケッチし、それを立体的な彫刻として生き生きとさせるプロセスを楽しんでいます。

  • ニナ・オーブ

    ホールマーク
    キープセーク・アーティスト
    Nina Aube
    一番の目標は、人々を笑顔にすること。素敵な体験や特別な瞬間を捉えるためのユニークな方法を見つけるのが好きです。
  • ネロ・ウィリアムズ

    シニア・アーティスト
    Nello Williams
    大きな秘訣は、良い目を持つことです。彫刻、ドローイング、絵画、伝統的なものであれデジタルであれ、あらゆる種類の芸術に当てはまります。

  • マット・ジョンソン

    キープセーク・アーティスト
    Matt Johnson
    手で描くほうが自然で、どこでもアイデアをスケッチできますが、最近は紙とタブレットモニターで描くことが多いです。筆圧や掘りもスタイラスで制御できるんです。
  • ロドニー・ジェントリー

    キープセーク・
    プロダクション・デザイナー
    Rodney Gentry
    デジタルスカルプティングでより正確になり、ズームインしてさまざまなテクスチャや輪郭を追加することができるのです。

  • ロバート・チャド

    ホールマーク・アーティスト
    (引退)
    Robert Chad
    オーナメントにワックスをかけている時は、まだ生きていると感じません。塗料を加えることで息が吹き込まれます。プロセス全体を通して常に作り上げられていくのです。

おうちでクリスマスを楽しみましょう!

おうちでクリスマス